野生動物と人間の健康

電子顕微鏡で見た新型コロナウイルス. © Shutterstock/Midnight Movement
電子顕微鏡で見た新型コロナウイルス. © Shutterstock/Midnight Movement

野生動物は世界の多くの地域社会の食糧確保と生計に貢献しています。しかし、その動物の生息数が減少しないように配慮するのと同じように、人間の健康に対して安全な方法で肉を食べる事が重要です。エボラ出血熱と同様に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は他の動物から人間にもたらされたウイルスによって引き起こされます。 COVID-19はおそらくコウモリに由来し、人間より先に他の野生動物に感染していた可能性があります。ウイルスや細菌は私たちが進化する過程で他の生物種からもたらされました。私たちの細胞の一部はもともと独立した細菌だったように、時にはその進化の過程で恩恵がありました。しかし、それらに適応するためには時間がかかり、危険も伴います。

COVID-19で死亡する危険性は、60歳代以上の人で最も高くなります。多くの人を救おうとすると、先進国の医療サービスは圧迫されます。それは新興国でも同様です。この感染症は環境の保全にも影響をもたらすでしょう。その1つは、持続的に利用できる範囲を超えてより多くの資源を消費するという生活スタイルへの影響です。多くの人々が家で働くようになり、遠方への移動や化石燃料の消費を減らす事は、気候変動に対して良い効果があるかもしれません。

 

受け入れる事で解決

サルを見るのはいいけど、食べるのは危険。© Shutterstock/Julian Popov
サルを見るのはいいけど、食べるのは危険。© Shutterstock/Julian Popov

将来のためにすぐに実行できる手段がいくつかあります。環境や我々自身に害を及ぼさないように、慎重に考える必要があります。たとえば、一部の人々は、COVID-19は人間が他の動物を食べる事や、接する事さえやめる理由になると言います。しかし、人間は数千年にわたって野生および家畜由来のウイルスや細菌に適応してきました。私たちの体には多くの微生物が定着しており、その多くが私たちにとって有用です。私たちは土壌中の虫から家にやってくる鳥や動物まで、何をするにしても動物と関わりを持っています。その環境下で野生由来の食べ物の安全性と持続性の管理が必要です。

配慮する事項としては、私たちは近縁種に特に注意する必要があります。流行する感染症は魚類や爬虫類のような冷血動物由来ではなく、霊長類(サル)やコウモリ由来の方が危険性が高いとされています。霊長類やコウモリを食べない事やコウモリの排泄物に触れるのを極力避ける事は懸命な対応です。そして野生動物を生きたまま市場に持ち込むのは非人道的な行為と言えるくらい馬鹿げています。しかし、すでに適応している、または病気のリスクが無い動物種に接する事を禁止すべきでしょうか? いいえ、これも馬鹿げています。特に持続的に利用する資源として他の動物種を適切に管理することは生態系の保全と人々がそれらの動物と共存する事を促進します。さらに、感染症による経済的な損失は環境を破壊する可能性のある開発行為の抑制に繋がると考える時です。我々の自然は、健全な生態系の産物を大切にする人々によるあらゆる支援を必要としています。

 

今すぐできる事

新型コロナウイルスは石鹸が大嫌い!© Shutterstock/Red Confidential
新型コロナウイルスは石鹸が大嫌い!© Shutterstock/Red Confidential

今すぐできる一番重要な事は、他人にウイルスを感染させて拡めない事です。新型コロナウイルスは湿っている表面や水滴の中だと拡散されず、局所的に除去できる事がわかっています。したがって、各自が次の事をする必要があります。

• 目、鼻、口へのウイルスの侵入を防ぐために、手を洗って消毒してください。

• ウイルスを含んだ飛沫を浴びないように人との間隔をとってください。

• 感染の危険性が増すので、外出したり、1か所に集まったりしないでください。

さらに、私たちが自然と密接に触れ合った後はいつでも手を洗うようにしましょう。これにより、多くの微生物、寄生虫、自然界にある毒素による悪影響を防げます。安全性をより高めるのに役立つ社会教育も必要です。人間社会は変化に迅速に対応する事ができます。それは気候変動を抑制する事にも求められるのかもしれません。科学的な知見に基づいた警告に耳を傾けないと損害を被るという事も理解する必要があります。